カフェで勉強する理由とは?【承認欲求が原因です】

アイキャッチ画像 日常マーケティング

カフェで勉強する理由は、承認欲求が原因である。

 

どうも、孤独のマーケターのゆーめです。

 

以前、スタバに期間限定商品を買いに行ったときに、参考書を広げて勉強している人が何人かいました。

 

私は家で勉強するのが好きなので、カフェやファミレスへ行くことは無く、「なんで外出して勉強しに来るんだろう?」と不思議に思ったんですよ。

 

「たくさんの人に囲まれて、視線を感じる中で勉強をするなんてありえない!」と思うのですが、「なぜカフェなどで勉強するのか?」ということをマーケティング思考で真剣に考えてみました。

 

ということで、今回は人はなぜカフェで勉強するのか?についてお話していきます。

 

本記事の対象者は以下の通りです。

 

  • 外で勉強することが理解できないこと
  • カフェで勉強しているひとにイライラしている人
  • 興味がある人

 

それでは、勝手に答えを出していきます。(笑)

 

結論:承認欲求が原因である

 

カフェで勉強する心理としては、「私は勉強している!偉いでしょ?」という気持ちが少なからずあるからだと考えられます。

 

人は誰しもが、他人に認められたいという承認欲求を持っており、それを得るために何かしらの努力をします。

 

しかし、他人に認めてもらえるのはかなり難しいことです。

 

分かりやすく、会社を例にして考えてみましょう。

 

会社では、部下・上司という関係があり、部下は上司に認めてもらうために努力や忖度をします。また。上司も部下に認められるために飲み会を開いて、良い人アピールをするわけです。

 

しかし、部下が努力や忖度をしても上司に怒られますし、その結果、上司は部下からの信頼を獲得することができず、嫌われます。さらに、嫌いな上司から飲み会に誘われるわけですから、もう最悪ですよね。(笑)

 

このように、承認欲求を満たすにはかなり労力がかかり、誰にも認められないという最悪な結果になることが多いです。

 

一方、勉強すれば人から認められることが簡単です。

 

小学生~大学生の全学生時代を思い返してほしいのですが、勉強するだけで「○○さんは偉いね~」、「頭が賢いからすごい」とか言われたこと、もしくは言ったことありませんか?

 

そうです!勉強をすれば褒められるという経験が自然と頭に刷り込まれているんです。

 

しかし、家で一人で勉強していても誰も見てくれませんし、誰も褒めてくれませんよね?

 

だからこそ、カフェやファミレスという人が集まる場所に行って、勉強をしに行くのだと考えられます。

 

「勉強=偉い」という経験があるからこそ、承認欲求を満たすためにカフェで勉強をするというわけです。

 

一般的にやりたくないこと・やらないことをやれば偉いと思われる世の中

 

勉強をすれば偉いと思われるのは、一般的にやりたくないこと・やらないことだと認識されているからだと考えられます。

 

一般的にやりたくないこと・やらないことを積極的にやろうとする人は、良い印象を与えることがあります。

 

例えば、男性が育児をしていると偉いと言われることがよくありますよね?

 

これは、男性が一般的に子育てをしないという文化があるからです。

 

この一般論は世間的には良くないイメージが持たれているのですが、逆のことをすることで良いイメージをもたらせる効果を発揮しています。

 

一方、女性の育児は偉いと言われることはあまりありません。なぜなら、女性の育児は一般的だと言われているからです。

 

こういった一般論が、男性の育児は偉く、女性の育児は何も言われてないというのが起こるのです。

 

ちなみに、私はどちらも偉いことだと思っています。

 

世界の将来を担う子供を育てているわけですから、どちらも偉いに決まっているじゃないですか!

 

まぁ、上記のように考えると、一般的に勉強は人がやりたくなことランキングで10位以内にランクインするほどのことです。

 

それをカフェで「みんなが嫌がる勉強を積極的にしてるから偉いやろ?」ということを無意識に伝えようとしています。

 

まぁ、ぶっちゃけ何も思いませんけどね。

 

他の理由は「勉強に集中できるから」

 

カフェで勉強する理由でよく言われるのが、「勉強に集中できるから」です。

 

勉強に集中できる理由は以下の通りらしいです。

  • お金を払った分モチベーションになる
  • 適度な雑音がある
  • 家に比べて誘惑が少ない
  • リラックスして勉強できる
  • 勉強する場所を複数確保できる

参考サイト:ベネッセ教育情報サイト カフェの勉強はいい?悪い?メリットとデメリット

 

んー、まぁ、分からないこともないのですが、どれも微妙だなと思います。

 

なぜなら、現代の外部環境では家でもカフェでもそれほど変わらないからです

 

まず、スマホの存在がどこにいても変わらない理由だと考えています。

 

カフェで参考書を開いていても勉強もせずに、スマホばかり見ている人はいませんか?

 

正直、スマホが手元にある時点で、家でやろうが外でやろうがあまり変わりません。

 

家で勉強できない時はスマホを触っているとき、カフェで勉強しない時のスマホを触っているときです。

 

そう考えると、カフェで勉強しようがしまいがあまり関係ないんですよ。

 

カフェで無駄金を使うくらいなら、家で勉強できるように努力したほうが節約でき、効率的になります。

 

まとめ

 

人がカフェで勉強する理由として、他人から認められたいという承認欲求があり、一般的にやりたくない勉強をたくさんの人前で行うことで「偉い」と思われたいからだと考えられます。

 

他にも「勉強に集中できるから」という理由もありますが、個人的には承認欲求のほうが強いのではないかと思います。

 

「認めてほしいなんて思っていない」という方もいらっしゃると思いますが、無意識にそういう行動に出ているのかもしれません。

 

カフェで勉強することが悪いことではないですが、できれば席を譲ってもらいたいものです。

 

それでは、また!