良いベンチャー企業の探し方とは?~採用媒体を利用しよう~

良いベンチャー企業に就職、もしくは転職したいと考えていると思います。

しかし、日本の企業は約380万社あるといわれているなかで良いベンチャー企業の探し方がわからないと思っている人は多いのではないでしょうか?

ということで、今回は「良いベンチャー企業の探し方」について解説していきます。

・情報の信頼性
実際にベンチャー企業で働いている
採用担当者として働いている
一次面接と二次面接を何度もやったことがある

今回の対象者は以下の通りになります。

  • ベンチャー企業に就職したいけど、探し方が分からない人
  • 良いベンチャー企業に就職したい人
  • 給料が良いベンチャー企業を探している人

本記事の目標は、読者が良いベンチャー企業を見つけて就職することです。

良いベンチャー企業の探し方とは?~採用媒体を利用しよう~

ベンチャー企業の探し方は、逆求人型就活サイトを利用した就職活動が基本となります。

逆求人型就活サイトとは、ダイレクトリクルーティングの一種で、企業が就活性に対してアプローチすることをメインにした就活サイトになります。

学生側は無料で利用することができ、プロフィールや自身の強み、学歴などを記入することで、企業側が学生を選び「会いたい」などメッセージを企業側からの送信して、会社説明会や面接などを行う方式になります。

学生一人採用するごとに採用企業側がお金をサービス提供者に支払う形で成り立つビジネスモデルです。

ベンチャー企業を探すには、逆求人型就活サイトを利用しましょう。主に20代や30代向けがメインになっていることが多いです。

また、サービスを利用しているベンチャー企業は良い企業である可能性が高いです。

それでは、おすすめの逆求人型就活サイトと、利用しているベンチャー企業が良い企業である理由を解説します。

ベンチャー企業を見つけるためのおすすめの逆求人型就活サイトとは

私が実際にサービスを利用してみて、おすすめだなと思える逆求人型サービスは以下の通りになります。

  • OffeBox
  • Wantedly
  • Vivivit

他にもたくさんの逆求人型サービスはあるのですが、私が実際に利用してみて便利だなと思ったもののみの紹介となります。

もっと他の逆求人型サービスを知りたいという方は以下のリンクを張っておきますので、ご覧ください。

それでは、上記のサービスを「就活」に重きを置いて、おすすめ順で解説していきます。

1位.OfferBox(オファーボックス)

今では、逆求人型サービスの代表格の一つといえるOfferBoxですが、僕も実際に新卒就活の際に利用して、今のしょぼいベンチャー企業に就職しました。笑

http://offerbox.jp/

基本的には優良企業を取り扱っていることが多く、非上場から上場企業まで幅広く利用している企業が多いです。

特に、ベンチャー企業が利用していることが多いなと感じました。

プロフィールや強みなどをしっかり記入しておけば、企業から毎日のようにオファーを頂くことが多かったので、非常におすすめのサービスです。

運営会社は株式会社i-plugです。私は学生の頃に取締役の田中さんにお会いしたことがあり、その時に起業したての頃は起業メンバー全員子供が生まれたばかりで必死だったとおっしゃっておりました。

そんなi-plugですが、今ではめちゃくちゃ大きな企業になっていますが、ベンチャー起業なので、一度受けてみてはいかがでしょうか?

http://i-plug.co.jp/recruit/

2位.Wantedly(ウォンテッドリー)

今のベンチャー企業に就職してから初めて知った採用媒体なので、実際に利用したことはないですが、人事として利用して本当にベンチャー企業を探すには打ってつけだと思いました

https://www.wantedly.com/

なぜなら、Wantedlyでは学生だけでなく企業側もアピールするための活動をしているからです。

Wantedlyでは、自社をアピールするために記事を更新してサイトの上位表示を目指して、できるだけ多くの学生とコミュニケーションを取ろうとします。

記事を更新していいねをもらいpv数(ページ閲覧数)を上げていきます。

ほかの逆求人型サービスでは、企業が学生を探せることができても、学生が企業を探すことをメインにしていることが少ないので、自分でベンチャー企業を探したいという人にはおすすめのサービスになります。

https://www.dip-net.co.jp/

3位.Vivivit(ビビビット)

こちらもWantedlyと同じように人事担当者として働き始めてから知ったサービスなので、就活で利用したことないですが、非常に良いサービスだと思います。

Vivivitでは、自身の強みやプロフィールを埋めることができるうえに、自身のスキルをアピールできたり、実績をメインにした就職活動ができます。

https://www.vivivit.com/

主にデザイナーやコーダーなどのWeb業界や印刷業界に働きたい人におすすめの採用媒体なのですが、営業職などのビジネス系の職種でも安心して利用できます。

ただ、VIVIVITのサイトを見るように「作品ひとつで仕事に出会う」ということなので、デザイナー向けの採用媒体と割り切ったほうが良いでしょう。

ただ、ベンチャー企業を探すにはおすすめなので、一度登録してみてはいかがでしょうか?

https://vivivit.co.jp/

採用媒体を利用しているベンチャー企業は優良企業の可能性がある

逆求人型サービスのビジネスモデルをご存じでしょうか?

逆求人型サービスの売上の上げ方は、求職者からではなく、企業側からお金をもらっていることがほとんどです。

具体的には、求職者が企業に就職が決まり、働くことになった時に、企業側は紹介料としてサービス提供者(OfferBoxなど)にお金を支払うというビジネスモデルになっています。

その紹介料はサービスによって変化はしますが、新卒で約50万/人~100万、中途だと100万/人~だったりします。もちろん、これ以上安い場合もあれば高い場合もあります。

サービスによっては雇用する人の年収の半分、もしくは30%というふうに料金を設定しているところもあります。

つまり何がいいたいかたというと、人を雇うための資金投資ができるほど余裕があるということを表しています。

仮に10人雇うことになると500万程はいるのですから、相当な金額ですよね。

基本的に人事活動に力を入れることができる企業は、今の事業がうまくいっている可能性がある、もしくは企業拡大のためにできるだけ良い人材がほしいと思っている可能性が高いです。

私が勤めている会社も同じ感じです。(まだまだしょぼいベンチャー企業ですが…)

100%優良企業とは言えませんが、その可能性が高いといえるでしょう。

優良ベンチャー企業の採用確率を上げる方法

ベンチャー企業の探し方が分かったところで、今のしょぼいベンチャー企業で一次面接担当をしている私が教える、採用確率を上げる方法をお教えしましょう。

その方法はたった一つで、「直接応募する」です。

逆求人型サービスの場合は、採用人数に対して企業側が費用を支払うわけですから、そのビジネスモデルをうまく使うことで、採用確率をぐんっと上げることができます。

それではさらに詳しく解説していきます。

企業側の採用コストが抑えられる

逆求人型サービスのビジネスモデルを説明した通り、企業側は採用人数に対してサービス利用料を支払わなければなりません。

採用するたびに多額な資金が動き、企業側としては採用コストが高くついてしまう要因になっています。

一方で、直接応募してきた人を採用した場合は、人件費は少しかかりますが、サービス利用料が0になるので、採用コストはかなり低くなります。

つまり、採用コストが低いほうが企業としても良いと考えられます。

志望度が高いと評価される

現代では、就職活動においてインターネットを利用することが当たり前となっています。新卒・中途関係なく、就職関係のサービスはたくさんありますよね。

例えば、マイナビやリクナビといった大手もあります。

基本的には、直接採用応募することはなくなってきており、実際にしょぼいベンチャー企業でも、一年に一回あるかないかくらいの応募しかやってきません。(採用媒体経由だと多く応募がある)

そういったサービスを利用した人の志望度ははっきり言って低いことが多いです。特に名も知れていないベンチャー企業となれば、なおさらですよね。

そこで直接応募することで、会社への志望度を高いことをアピールすることができます。実際に、二度だけ直接応募してきた人を面接したことがありますが、感覚的に志望度が高いなと感じたことがあります。

志望度を上げることで、採用確率をぐんっと上げることができます。

頭の良さを評価をされることがある

ぶっちゃけ、採用媒体を利用した就職活動が基本となるこの現代において、直接応募するというのは何か意味していると感じ取ってくれる採用担当者もいます。

採用担当者がマーケティングを学んでいる人だと、気づいてくれる可能性が高く、私の場合は一度聞いたことがあります。

やはり、直接応募の方法をとっている人はマーケティング視点が強い傾向がありました。直接応募者してきた大学生の話を聞くと、マーケティングを自主的に学んで、今回紹介した方法で採用される確率を上げるために直接応募していたりしていました。

ビジネスにおいてマーケティング視点が強い人は会社側から重宝される可能性が高いので、直接の応募はかなりおすすめです。

ベンチャー企業の面接を攻略する方法とは

僕は何とかしょぼいベンチャー企業に就職することができたのですが、実はかなり苦労した経験があります。

なぜなら、ベンチャー企業の採用人数があまりにも少ないからです。多くのベンチャー企業では人材育成に資金を投じることが難しいため、採用人数が多くても5人、少ない場合は1人だったりします。

ベンチャー企業の面接だから大企業の面接より楽勝と思われがちですが、実はその考えは反対だと断言できます。

私は、新卒就活でベンチャー企業のみを受けていましたが、なんとなく大手のIT企業に面接を受けに行ったときは余裕で内定を頂きました。

一方、ベンチャー企業の「優秀、もしくは絶対に働いてくれる人」でないとなかなか内定を出してくれません。

つまり、ベンチャー企業のほうが圧倒的に採用ハードルは高いのです。

では、どうやって採用されるのか?

答えは、熱意です。詳しくは以下の記事で解説しています。

ベンチャー企業では、「優秀、もしくは絶対に働いてくれる人」を採用したいわけです。優秀ではないと自覚している人は、絶対に働きたいという熱意が必要になってきます。

その熱意をアピールしなければなりません。僕の事例を上げると、今のしょぼいベンチャー企業に内定を頂いた方法は、パワーポイントを利用したこちらからアプローチをかけました。

「なぜ御社でなければならないのか」、「御社で何をしたいのか?」などをパワーポイントで発表することで、そのまま内定をゲットしました。

面接でそんなに自由にしていいの?と思われるでしょうが、そもそも面接は求職者が企業側にアピールするときなので、常識の範囲内なら何をしても良いと僕は考えております。

パワーポイントが難しい場合は、社長のブログをすべて読み漁って、それに対して共感できる部分を洗い出して、面接でアピールするなどいろいろ方法はありますので、熱意をアピールしましょう。

まとめ

良いベンチャー企業の探し方は逆求人型サービスを利用した方法をご紹介しました。ベンチャー企業の採用確率をぐんっと上げる方法は直接応募することです。

逆求人型サービスで見つけたベンチャー企業を直接応募することで、企業側の採用コストを下げることで、採用確率をぐんっと上げることができます。

ベンチャー企業の面接を攻略するには「熱意」が必要です。

良いベンチャー企業を探して、就職できるように頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です