【現役が語る】KGI・KPIを仕事で生かすために徹底解説!

アイキャッチ画像 マーケティング用語

KGI・KPIを理解しないと仕事へ生かせない。

 

孤独のマーケター、ゆーめです。

 

マーケティング業務をしていると、KGI・KPIという専門用語をよく使います。新しい事業や会社経営をする上で必須な知識です。

 

ただ、横文字が多いビジネス業界、はっきりいって何を言っているのか分からない人も多いと思います。

 

また、意味を理解していてもどういう風に生かせるのかが分からない人もいますよね。

 

ということで、今回はKGI・KPIについてお話していきます。

 

本記事の対象者は以下の通りになります。

 

  • KGI・KPIの意味を知りたい人
  • KGI・KPIを仕事に生かしたい人
  • KGI・KPIの決め方が分からない人

 

記事を読み終えた人は、KGI・KPIの意味をしっかり理解し、仕事に生かしせるようになるので大きな影響を与えるでしょう。

KGI

KGI(Key Goal Indicator)とは、ビジネスの最終目標の達成度を定量的に測るための重要指標のひとつです。日本語では、「重要目標達成指標」といいます。

 

KGIとして設定される代表例として、売上の増加や成約数を増加、利益率を○%といった感じになることが多いですね。

 

KGIに設定するコツとしては、結果が具体的な数値で表せるものにしましょう。

 

例えば、「売り上げを1000万円から3000万円する」、「Webサイトへの訪問人数を年間100万人目指す」というふうに具体的なモノにすることで、振り返った時にKGIをどれほど達成できているのかを確認しやすくなります。

 

具体的にする理由は、PDCAサイクルを回しやすくするためです。

 

KGIが曖昧に設定してしまうと、振り返ったときにどこまで達成できているのか分からず、どこがダメだったのかが分かりにくくなります。

 

具体的に数値で表せるKGIを設定しましょう。

KPI

KPI(Key Performance Indicator)とは、KGIを達成度を測るための中間指標です。日本語では、「重要業績評価指標」と言われています。

 

KGIを達成するためにKPIがあると考えていいです。

 

例えば、「Webサイトから売上を1.5倍にする」というKGIがあったとしましょう。次にそのKGIを達成するために「Webサイトへの月間pv数を10万pvにする」、「お問い合わせページの離脱率を40%以下にする」といった中間目標がKPIになります。

 

KGIとKPIの図解された図

 

KGIを達成するための過程を洗い出して、それらをKPIとして設定します。

 

つまり、KPIを達成すれば、自然とKGIが達成されるような関係でなければなりません。

 

KGIは効果測定を正確に行うために具体的な数値で設定しなければならないとお伝えしましたが、KPIの達成度でKGIを達成測ることができるようにするためです。

 

KGIとKPIの違いとは?

KGIは事業における最終目標で、KPIはKGIを達成するための中間達成目標といえるでしょう。

 

別の言い方をすれば、KGIは「結果」であるに対して、KPIは「過程」を見る指標です。

 

例えば、今日、「夜の11時までに数学と英語の宿題を終わらせる」というKGIがあるとすると、KPIは「午前中には数学の宿題を終わらせる」、「午後に英語の宿題を終わらせる」というふうに設定することができます。

 

さらに、KPIを細かくすることができ、「朝の8時に起きる」、「晩御飯は30分で済ませる」とKPIを決めることでKGI達成のための過程がはっきりと見えてくるのです。

 

KPIの細分化の図

 

KGIの下にKPIが存在しており、そのKPIのさらにしたにKPIが細かくあるという図が出来上がります。

 

仕事で生かすために細かくKPIを設定し、PDCAサイクルを高速に回す

 

KPIを細かくすることの理由は、いきなり大きい目標設定をしてしまうと達成不可能な目標ができてしまうからです。

 

基本的に、新しい事業をするときは、小さくはじめてリスクをできる限り下げて行います。もし、いきなり大きく事業を始めてしまうと、失敗した時のリスクが計り知れません。

 

新規事業は失敗する確率が高いので、小さく始めるのが鉄則です。

 

仮にメディア運営事業を始めるとすると、いきなり100万pvのKPIを達成しようとしてはいけません。事業初期の達成すべきKPIを考えてみると、「毎日更新を半年間続ける」、「100記事作成する」、「一記事2000文字以上」というKPIがふさわしいでしょう。

 

そして、KPIが達成できなかったり、達成してもKGIへなかなか進んでいないと感じたなら、高速PDCAサイクルを回していきます。

 

小さい中間目標を多く作り、小さくPDCAサイクルを高速に回すことで驚異的な成長で事業を拡大していくのがベストなやり方だと考えられます。

 

ちなみに、上記のようなやり方をグロースハックといいます。

 

グロースハックについては以下の記事を読んでいただけたら理解できると思います。

 

グロースハック【Growth Hack】

引用:ferret

 

簡単に説明すると、グロースハックとは製品の中に自発的に成長する仕組みを組み込んで、その結果をデータで判断し改善していくことを意味しています。

 

何度も失敗して、成功へと近づけていく、それこそがグロースハックを取り入れたKPIの高速PDCAサイクルです。

 

まとめ

 

KGIは最終目標である一方、KPIはKGIを達成するための「過程」、つまり中間目標であるということをお話ししました。

 

事業をするときに役に立つようによく言われていますが、実は日常的な業務にも役立てることも可能なので、実践してみてはいかがでしょうか?

 

それでは!