フリーランスのスキル不足で不安にならなくてもいい理由【重要なのはスキルだけじゃない】

こんにちは、うめだです。

突然ですが、僕は新卒入社した会社を半年で辞めて、未経験でフリーランスWebマーケターとして独立をしました。

 

初月で25万、二ヶ月目は22万程稼いでおります。正直、まだまだ雑魚フリーランスですが、未経験でも新卒の給料くらいは稼げています。

 

世間では未経験のフリーランス独立は会社から雑用を頼まれることが多いため、スキルアップできずに、5~10年後に苦労すると言われています。

 

この世間の意見に対しての僕の意見としては、未経験のフリーランス独立はスキル不足で悩まされることは事実ですが、あまり気にしなくても良いと思っています。

 

先に結論を言ってしまうと、フリーランスにとってスキル不足は付き物なのでいちいち悩んでいても時間の無駄だからです。

 

ということで今回は、フリーランスのスキル不足の問題について上記の内容をもう少し深掘りしてお話ししていきます。

 

フリーランスのスキル不足は気にしなくてもいい理由

フリーランスのスキル不足は段階的に解消していけばいいからです。というか、未経験でフリーランスになったらスキル不足は付き物です。

 

不安に感じて、悩んでいるだけでは何も解決できないので、何かしらの行動を起こしてスキル不足を解消していきましょう

 

手っ取り早いスキル不足解消方法は会社を利用すること

経営者に怒られるかもしれませんが、会社はスキルアップのための場所だと思って就職するのが一番手っ取り早い方法なので、欲しいスキルを身に付けられる会社へ就職しましょう

 

フリーランスは持っているスキルを切り売りしながら仕事をすることが多いため、新しいスキルを身に付けるために仕事を受けるのはかなり難しいです

 

ただ、会社に勤めておけば新人であろうが先輩が丁寧に教えてくれるため、新しいスキルが身に付けやすくなります。

 

その利点を生かして、会社へ就職して1~2年で結果を出してスキルを身に付けたら、会社をすぐに辞めてフリーランス人生を再出発することができます。

 

どんな会社に就職すればいいのか。

 

ITプロパートナーズなどのフリーランス案件サイトに登録して、欲しいスキルの案件を見てどんな人が求められているのかをチェックしてから会社を選ぶようにしましょう。

 

自分が身に付けたいスキルが大多数の企業とって必要とされているものかをチェックするためにも、フリーランス案件サイトへ一度登録しておくことをおすすめします。

 

 

できるだけ多くの案件に目を通しておけば、今後フリーランスとして活動していくうえでどこまでのスキルが必要なのかを把握することができます。

 

小さめの案件から、最終的にはインハウス化(社内で全てできるようになること)を目指す案件もあるため、内容をしっかり確認して、自分が目指すスキルレベルをこの段階で定義しておきましょう。

 

自分でもスキルアップに必要なことをやる

例えば、Webマーケターだと必要なスキルは以下の通りです。

 

  • SEO:Googleの検索結果上位表示をする技術
  • Webライティング:Web上で読者のための記事を書くスキル
  • リサーチ力:競合やターゲット層の分析など
  • アクセス解析:分析ツールを使ってWebサイトの改善点を見つける
  • Web広告:有料広告を出して集客する
  • スクレイピングなどの技術:Web上のデータを集めてくる技術

 

ざっくりいうと、こんな感じですね。

 

上記のスキルをどうやって身に付けていくのかを自分で考えて、自分でできそうなことは毎日スキルを磨いて、自分で出来なさそうなスキルを会社で身に付けるといった感じにしていくと効率が良いです。

 

ちなみ、SEO、Webライティング、リサーチ力辺りのスキルはブログやクラウドソーシングで記事作成案件を受注していけば余裕で身に付けられるので、個人でもできます。

 

反対に、Web広告は広告費と商材が必要になってくるため、基本的に個人でスキルを身に付けるのは難しいです。(資金があれば個人でもできる)

 

Webマーケターなら、まずはブログ開設して1万PVまでサイトを成長させることができるなら、ある程度の小さめの案件なら受けることができます。

 

ブログ運営をしているとWebライティング技術やSEO、リサーチ力、アクセス解析などスキルが身に付けられるため、Webマーケターになりたい人はブログがおすすめなので、今から始めましょう。

 

世間のスキル不足なフリーランスへの意見

世間のスキル不足なフリーランスの意見は以下の通りです。

 

  • 低いスキルだから、レベルの低い仕事しかやらせてもらえない
  • レベルの低い仕事+低賃金だからしんどい
  • 結果的に、将来苦しむことになる

 

こんな感じ。確かにスキル不足だと上記のような事が起こりえますが、ハイレベルのスキルを持っているわけでもないのに、稼いでいる人はこの世の中にはたくさんがいます。

 

Twitterを見ていると、Webマーケターになって半年も経っていないのに、月に50万も稼いでいる人なんてザラで、Webマーケター歴5年とかの人と比べるとまだまだ雑魚です。

 

しかし、それでも稼げているという事実は変わらないので、割とスキル不足で悩まなくても良いと僕は思っています。

 

スキル不足でも気にしなくてもいい、フリーランスなら営業力を付けよう

先ほど、半年でWebマーケターになった人でも月に50万も稼いでいるという話をしましたが、そういう人たちが稼げている大きな理由は、営業力があるからです。

 

当たり前な話ですが、案件というものは自然と振ってくるものではありません。大半のフリーランスは企業に対して何かしらの営業を掛けないと仕事は貰えないと考えておいてください。

 

稼げる人と具体例

 

Webマーケター歴5年のハイレベルな人でも営業力がないと稼げません。例え、スキルが10段階中8段階だとしても、営業力が1段階なら稼げませんし、反対にスキルが10段階中3段階で営業力が9段階ならスキル不足に苦労しながらも稼ぐことができます。

 

このように、フリーランスが稼ぐために最も必要なものはスキルよりも営業力なので、スキル不足は悩まなくてもOKです。今すぐメール営業や電話営業をしていきましょう。

 

スキル不足のフリーランスが勘違いしやすいこと

スキル不足のフリーランスってたくさんのスキルを持っておきたいと勘違いして、常にスキル不足を感じ、勝手に不安になっている傾向にあります。

 

実際に、僕もWeb広告分野が若干弱いため、結構焦っていた時期がありました。

 

しかし、WebマーケターでSEOが得意な領域な人もいれば、Web広告が得意な人もいますし、Webライティングが得意なWebマーケターもいます。

 

全部のスキルを身に付けると仕事の幅が広がることは間違いありませんが、無理してできることを増やさなくても良いです。

 

むしろ、得意な分野のスペシャリストになることが稼げるフリーランスになるための近道なので、無理して新しいスキルを身に付けるより、今あるスキルをどこまで深めるかが重要になっていきます。

 

ある程度1つのスキルで稼げるようになってきた頃に、新しいスキルを順番に身に付けていくことが稼ぐためには一番重要だと思います。

 

結論:動きながら自分なりの正解を見つけていく

動きながら自分なりの正解を見つけていく

 

正直、これが正解だと僕は思います。スキル不足で何日も立ち止まっている時間は悩んでいるだけで何も解決へは向っていません。

 

まずは今自分にできることをしながら、スキルを身に付けるために挑戦していきましょう。

 

失敗することもあるでしょうが、失敗は成功のもとと言われるように失敗からも学べることはたくさんあるので、どんどんチャレンジしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です