リスティング広告の費用の計算方法についてまとめてみた【相場をあてにならない】

ジョンちゃん
ジョンちゃん
「リスティング広告出稿を考えているんだけど、費用がどのくらい必要なのか分からない…業界や企業規模の相場はいくらかは分かったけど、どうやって費用を求めているのかを知りたい…」

 

このような疑問についてお話しします。

 

今回の記事の内容はこんな感じです。

 

  • リスティング広告に関する指標の理解
  • リスティング広告の費用の計算方法

 

リスティング広告運用している人なら分かると思いますが、リスティング広告の費用の決め方って初めてやるときってよくわからないんですよね。

 

僕もはじめてリスティング広告を取り扱ったとき、費用の決め方にめちゃくちゃ悩んだことがあって、Googleで調べてみても答えが見つからず、とりあえず企業規模の相場で5万円から始めた経験があります。

 

ウェブ解析士となってからリスティング広告の費用の決め方を知っているため、データや根拠に基づいて算出することができるようになりました。

 

僕の経験を踏まえて、「リスティング広告の費用の決め方を知りたい!」という人は多いのかなと思います。

 

ということで、リスティング広告の費用の決め方についてお話しします。

 

リスティング広告に関する指標の理解

リスティング広告の費用の決め方について先にご紹介したいですが、まずは指標について簡単に学びましょう。

 

今、頑張って覚えなくてもいいので「そんな指標があるんだなぁ」程度で見ていきましょう。

 

インプレッション数

広告測定において、インターネット広告が表示された回数を表す指標になります。出稿しているリスティング広告が1000回表示されたのなら、表示回数は1000回です。

 

impressionの英単語からきているため、企業によっては『imp』や『imps』と呼ばれることがあります。

 

リーチ数

広告を表示したユーザー数を表しています。インプレッション数との違いは、リーチ数はユーザー数(広告を見た人)を数えますが、インプレッション数は広告表示回数を数えます。

 

例えば、ある1人のユーザーが同じリスティング広告を3回見たとすると、リーチ数とインプレッション数は以下の通りになります。

 

  • リーチ数:1回
  • インプレッション数:3回

 

何人に広告を見せることができたのか?という視点で分析するなら、リーチ数に重きを置いた方が良いということですね。

 

クリック数

リスティング広告をクリックした回数を表しています。セッション単位でカウントされるため、同じ広告を短時間で複数回クリックしても、クリック数は一回とカウントされます。

 

※セッションとは、ウェブサイトへ流入してから離脱するまでの一連の流れのことで、セッションが切れる(=離脱する)条件を満たすと、次に、ウェブサイトへ流入した時に新しいセッションとしてカウントされる。

 

コンバージョン数(CV数)

コンバージョン数とは、広告の最終的な目標達成地点の数ことを表しています。例えば、資料請求やお問い合わせを広告のコンバージョンとして設定することが一般的です。

 

広告費用

広告にかかった費用を表しています。広告媒体や広告種類によって課金方法は異なりますが、リスティング広告の場合はクリック課金型(ワンクリック課金方式)なので、覚えておきましょう。

 

費用についての計算方法は後ほど解説します。

 

CVR(Conversion Rate)

CVRとはコンバージョン率のことを表しており、クリック数に対していくらコンバージョンに至った回数の割合の指標です。

 

計算式

CVR=(コンバージョン数÷クリック数)×100

例:(58(コンバージョン数)÷3176(クリック数))×100=1.82%(CVR)

 

CPM(Cost Per M / Cost Per Mile)

CPMとは、広告掲載料金の単位の1つで、インプレッションが1000回あたりの料金を表しています。

 

企業によってはインプレッション単価、imp単価とも呼ばれているため、頭の隅に置くイメージで覚えておきましょう。

 

「M」はラテン語で1,000を意味するmileから来ています。どうでもいいのであまり覚えなくてもOKです。

 

計算式

CPM(円)=(広告費÷インプレッション数)×1,000

例:(50,000円(広告費)÷5000回(インプレッション数))×1,000=10,000円/1000回

 

CTR(Cost Through Rate)

CTRとはクリック率のことを表しており、『広告が表示された回数』のうち『広告がクリックされた回数』の割合のことです。

 

つまり、インプレッション数に対してクリック数の割合という意味になりますね。

 

計算式

CTR(%)=(クリック数÷インプレッション数)×100

例:(500回(クリック数)÷50000回(インプレッション数))×100=1%

 

CPC(Click Per Cost)

CPCとはクリック単価のことを表しており、1回のクリックあたりの単価を示す指標です。クリック単価が低く、コンバージョン数が良いとかなり良い結果を残していると言えます。

 

リスティング広告や一部のディスプレイ広告ではクリック単価が重要指標となっており、ワンクリックあたりのクリック単価を下げるために広告の品質を上げるなどの施策を行っていきます。

 

どのくらい効率的にクリック数を稼げたかを測るのがCPCとなります。

 

計算式

CPC(円)=広告費÷クリック数

例:50,000円(広告費)÷500回(クリック数)=100円/1クリック

 

CPA(Cost per Acquisition / Cost per Action)

CPAはコンバージョンなどの商品購入や資料請求などの利益につながる成果1件獲得するためのコストのことを表しており、またの名を顧客獲得単価ともいいます。

 

どのくらい効率良くクリック数を稼げたのかを測るのがCPCですが、CPAはどのくらい効率良く売上に繋がる成果(コンバージョン)を稼げたのかを測ります。

 

クリック数は効率的に稼げているけれども、コンバージョン数は効率的に稼げていないなんてこともあるので、注意が必要です。

 

インターネットの世界は『クリック数=利益』にはならないため、CPCの計測と比べるとCPAは結構重要になります。

 

計算式

CPA = 広告費÷コンバージョン数

例:50,000円(広告費)÷100件(コンバージョン数)=500円/1件当たりのCV獲得コスト

 

ROAS(Return On Ad Spend)

ROASは広告の費用対効果を表すことができる指標の1つです

 

ROASは「広告出稿によってどのくらいの売上が伸びたのか」を表すことができ、ROASが100%以下の場合はマイナス効果、100%以上の場合はプラス効果ということを意味しています。

 

計算式

ROAS(%)=(売上÷広告費)×100

例:(250,000円(売上)÷500,000(広告費))×100=50%←マイナスが出ている


ROI(Return On Investment)

ROIは投資収益率のことで、企業が広告を含めた投資したコストに対して、得られたリターン(利益)の割合を表す指標です。

 

基本的には広告費だけではなく、設備投資などもこのROIの対象になるため広告だけの計算方法ではありませんが、広告測定では特に広告費が実際にどのくらい利益増加につながったのかを測る指標となります。

 

ROASは広告費用に対する売上高を表す指標である一方、ROIは広告費用に対する利益を示すという違いがあるので注意しましょう。

 

ROASが100%以上で売上高ベースだと良くても、ROIで100%以下だと利益ベースではマイナスの場合は、その広告費は企業の増益には貢献しなかったといえます。

 

計算式

ROI(%)=(利益÷費用)×100=((売上-費用)÷費用)×100

例:((600,000円(売上)-300,000円(費用)÷300,000円(費用))×100=100%←広告費の投資に対して費用と同じ利益を得ている。

 

リスティング広告の費用の計算方法

リスティング広告の費用の計算するためには以下の2つの方法があります。

 

  • CPA(コンバージョン単価)から決める
  • CPC(クリック単価)から決める

 

CPA(コンバージョン単価)から決める

目標CPAとコンバージョン数が明確ならば、リスティング広告に必要な費用は簡単に計算できます。

 

・目標CPA×コンバージョン数=広告費

 

目標CPAに関しては、現状の粗利(利益)から逆算して仮定として決めてもらっても構いません。基本的にはあくまでも目標なので、難しく考えずに仮定して広告費を決めていきましょう。

 

CPC(クリック単価)から決める

リスティング広告の最大の特徴は、クリックされたら広告予算が消化されるというクリック課金制の広告であるということです。

 

クリック単価があらかじめ分かっていれば、目標コンバージョン数を定めておけば、必要な広告費用がはじき出されます。

 

・平均クリック単価×目標クリック数=広告費用

 

クリック単価を知るにはGoogle広告の機能である『キーワードプランナー』、もしくは『Ubersuggest』を利用すると、簡単にキーワードに対するクリック単価を抽出することができます。

 

参考:キーワードプランナー

 

参考:Ubersuggest

 

クリック単価の許容できる上限、つまり目標クリック単価ですが、以下の計算式に基づいて算出すると良いでしょう。

 

目標CPA×コンバージョン率=目標クリック単価

例:10,000円×1%=100円/1クリック

 

もし、目標CPA10,000円、1クリック100円、売上高100,000円目指す場合は、1000クリックでコンバージョンを10件獲得しなければなりません。

 

計算式で表すとこんな感じです。

 

・100,000円÷100円=1,000回(クリック数)

・10,000円×10件=100,000円(売上高)

・10件÷1000回=1%(コンバージョン率)

 

ちょっと難しいと思うかもしれませんが、慣れてきたら徐々に簡単になってくるので、今は100%理解しなくてもOKです。

 

リスティング広告の費用の相場は存在しないので自分で計算しよう

世の中にはリスティング広告費用の相場となるものが存在していますが、ぶっちゃけ、企業や売る商品によって掛かる費用が変わってくるため、目安は当てにしない方が無難です。

 

業界や企業規模の目安を基準にリスティング広告を出稿するのは、思考停止状態のまま何も考えずに広告運用しているだけなので、時間もお金も無駄になる可能性が大きいです。

 

しっかりと自分で計算してみて、必要な費用を割り出していきましょう。

 

それでは~良いリスティングライフを~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です