アクセス解析はクライアントを行動に移させるのが目標【難しい】

アクセス解析はクライアントを行動に移させるのが目標【難しい】 webマーケティング

今のアクセス解析で満足していますか?

 

どうも、孤独のマーケターゆーめです。

 

Webサイトのpv数や直帰率をある決められた一定期間Googleアナリティクスで効果測定、いわゆるアクセス解析を行い、レポートにしてクライアントに提出する業務があります。

 

例えば、一か月分のWebサイトアクセス解析をレポートにまとめて提出したりすることです。

 

しかし、一体どの程度のアクセス解析をしたらいいのでしょうか?

 

私が初めてアクセス解析した際には、とりあえず先月の結果をクライアントに伝えるだけの作業でしたが、ある日「本当に結果だけを伝えるだけでいいのか?」という疑問を持ち始めました。

 

なぜなら、クライアントがわざわざお金を出してまでアクセス解析を依頼しているわけですから、結果を伝えるだけでは意味がないと思ったからです。

 

同じように疑問を持って、調べようと考えている人もいると思います。

 

ということで今回は、アクセス解析についてお話していきたいと思います。

 

この記事の対象者は以下の通りです。

 

  • 今のアクセス解析のやり方に疑問を持っている人
  • よりよりレポートを作成したい人
  • どういうアクセス解析が求められているのかを知りたい人

 

記事を読み終えた人は、アクセス解析の本質について知ることができ、業務に役立てることができるでしょう。

 

アクセス解析はクライアントを行動に移させるのが目標【難しい】

 

どの業種でもアクセス解析の最終目標は、クライアントを行動に移させることです。

 

まず、上記の意味を理解するにはアクセス解析の意味を理解する必要があります。

 

アクセス解析は、簡単に言えば会社の売上を増加させるための業務であり、それを私が働いているようなWeb制作会社やデジタルマーケティングを中心に事業している企業に代行してもらうことで、売上増加のためのWeb戦略をつくりあげていきます。

 

「自社で解析すればいいじゃん!」と思うかもしれませんが、業界によってはWeb関連に疎いところがたくさんあります。例えば、製造業や第一次産業業者(農業など)がWebに弱く、私たちのようなアクセス解析代行業者が必要になっているのです。

 

例え、彼らがアクセス解析をしても効果的なWeb戦略を立てることは非常に難しいことでしょう。

 

では、私たちのような代行業者が一体何をすればいいのかを考えてみると、Web関連に疎い彼らの代わりにWeb解析結果ともにWeb戦略を一緒に提案してあげるのがアクセス解析の業務内容になってきます。

 

ただし、こちらの提案が全て通るという甘い考えは捨てなければなりません。

 

なぜなら、いくらアクセス解析の結果に基づいて提案内容だとしても、クライアントに響かなければ行動に移してくれないからです。

 

個人では決断スピードが速いのは当たり前なのですが、会社としての組織として安易にたくさんのことを手出しすることはできません。

 

クライアントが提案内容に利益を生み出せる可能性があると思わせる価値がなければ、アクセス解析は無駄に終わります。

 

提案内容が通らなければ、アクセス解析の仕事は未完了です。

 

  • Webサイトの解析結果
  • 解析に基づいた提案
  • 提案内容をクライアントに行動に移させる

 

上記の3つが完了したところで、アクセス解析の業務が終わりだということです。もちろん、毎回クライアントを行動に移させる必要はありませんが(というか無理)、そこを目標にして解析すると良いでしょう。

 

初心者は定量的・定性的に解析できればとりあえずOK

 

アクセス解析の目標である、「クライアントを行動に移させる」ためにはどのようにしたらいいのでしょうか?

 

実は、明確な答えはありません。しかし、定量的・定性的に解析することが求められていることは間違いないといえます。

 

その前に、定量的・定性的の意味をおさらいしておきましょう。

 

定量的とは、対象の状態を連続する数値の変化に着目してとらえること。
定性的とは、
1:性質に関するさま。ある物質にその成分が含まれるかどうかを表す場合などに用いる。「定性的検査」⇔定量的
2:数値・数量で表せないさま。「人事の定性的評価」

 

つまり、定量的とは数値化できるもの、定性的とは数量などでは表せない性質のことを指します。

 

アクセス解析において、定量的はpv数や直帰率・離脱率やなどのWebサイトを数値化したもので、定性的はWebサイトに訪れるユーザーの男女比やデバイスの割合にあたります。

 

Googleアナリティクスでは、ユーザーの男女比なども数値で測ることができますが、その数値を計算や分析に生かせることがやりにくいため、定性的と捉えることが妥当だと考えています。

 

直帰率やpv数は計算や分析をすれば、直帰率を○○%に減少させることができれば、pv数が増加するというふうに生かせることができるので、定量的と捉えると良いでしょう。

 

定量的に提案することは簡単なことかもしれません。データに基づいて計算・分析をすれば指標がどれだけ増加・減少するのかを示すことができるからです。

 

しかし、定性的にはどうしたらいいのでしょうか?

 

私が経験した一例ではありますが、例えば、ユーザーの男女比が3:7だったとすると、女性のほうがWebサイトに訪れていることが分かります。

 

そこで、女性に対してのアプローチをWebサイト上で行えば売り上げは伸びるだろうという提案をしたことがあります。もちろん、定量的にも示したうえでの話です。

 

デバイスの割合がdesktopが7割だとすると、レスポンシブ化が本当に必要なのかどうかを考えたうえで、Webサイト上での商品の情報(コンテンツ)や、デザイン、キャッチコピーの変更の提案をすることができます。

 

つまり、定性的とはWebサイトに訪れるユーザーの性質を知ることです。そこまで難しいものではないので、自分なりに一度考えてみましょう。

 

解析結果を次にどう生かすかを考え、どうなるかを伝える

 

アクセス解析の結果に基づいてクライアントに提案して行動に移させるための方法として、「どう生かすか考え、結果どうなるのかを伝える」と良いでしょう。

 

クライアント側の立場になって考えてみてください。もし、代行業者が「アクセス解析の結果、○○というのをご提案させていただきます。」と言ってきたら、あなたならどう思いますか?

 

私なら、「本当にこの提案は効果的なのか?」というふうに考えると思います。なぜなら、提案内容を行動に移して、本当に成功するかどうか分からないからです。

 

この心理を理解することができれば、良い提案ができます。

 

要するに、相手を安心させてあげればいいだけなのです。

 

自分のアクセス解析の結果をより具体的に解説し、それをもとに提案をしてあげ、安心させるために提案を行動に移すとどうなるのかを具体的に教えるという流れがアクセス解析の目標達成するための流れだと考えています。

 

この流れを利用すれば、クライアントは納得してくれることは良くあります。しかし、行動には移してくれるのは体感的に10%といったところでしょうか。

 

やはり、組織を納得させるのは難しいんですよね。(笑)

 

まとめ

 

アクセス解析の目標は、「クライアントを行動に移させることだ」ということをお話してきました。

 

行動に移させるためには定量的・定性的な提案と、クライアントを安心させるように行動に移したらどうなるのかという部分が大事ということをお伝えしましたが、実は、それだけではまだまだ不十分だと思っており、仮説と検証の繰り返す必要があると思います。

 

アクセス解析には答えはありませんが、仮説と検証を繰り返してクライアントにベストな提案をして、行動に移させましょう!

 

それでは!